上尾の天文日記

主に天体写真を掲載しています。 たまには日常のショットも。

昨夜は所々に雲がありましたが惑星が見えていたので撮影することに。
時々雲に邪魔されましたがシーイングは良好だったので良い画像を取得することができた。

機材:C11+2倍バロー、ADC
カメラ:ASI224MC
画像処理:FireCapture、RegiStax6、ステライメージ
約5000コマを50%でスタック後画像復元、アンシャープ処理

木星
Jup_230901_lapl4_ap30-1_filtered


土星
Sat_213853_lapl4_ap28-12_filtered



昨夜もまたまたベランダ観望。
今回は土星はリベンジできましたが、木星の模様が今一。
火星も何とか模様がわかる程度、安定して惑星を撮るのは難しい。
まだまだ修行が必要です。

今回は鏡筒をC11に戻して撮りました。
GINGI250は筒が長いので取り回しや風に弱い。
その点、シュミカセはコンパクトでベランダ観望には使い勝手が良い。

木星。前夜の方が解像していた。
Jup_000821_lapl4_ap17-c_filtered

土星。これは今回の方が良かった。
Sat_215038_lapl4_ap26-1

火星。何とか模様が・・・。
Mars_041600_lapl4_ap33

今夜も星が出ていたのでベランダ観望。
何時もはカセグレン望遠鏡を使用していましたが今一像が甘い。
今回は25cm F5ドブを赤道儀に載せて見ました。
理論2倍バローと8~24mmズームアイピースで木星、土星を見てみるとかなり解像している。
やはりニュートン鏡が良かったのか、はたまたシーイングが良かったのか?。
暫くはこれを使ってみようかと考えていますが、鏡筒が長いので風に弱いのが難点です。

木星
Jup_202517_lapl4_ap9_filtered

土星
Sat_211612_lapl4_ap19_filtered


↑このページのトップヘ